本文へ移動

企業理念・クールラインポリシー

経営理念

経営理念

▼クールライン理念の背景

「企業(クールラインは社会貢献のステージです」

企業とは社会の為になる組織であり、社会貢献をする舞台です。多くの企業が 「コンプライアンス」に取り組んでいますが、それは「企業の社会的責任(CSR)」の一部であり当たり前のことです。単なる法令順守より高い志を持った経営理念に基づいて社会的責任を果たせば、法令尊守違反や不祥事が発生することはないと考えます。「社会の為になる組織であるか」という観点から堂々たる経営理念と目標を定める必要があります。

「未来永劫を目指す」

「未来永劫を目指す」
我々だけでなく次世代の為にもクールラインと云うステージを絶やしてはなりません。当業界の弱みを十分に認識して、経営基盤を強化し、安定して業績を向上させる事で、未来永劫の社会貢献ステージを作り続ける事が可能となります。

「地域生活のインフラ整備」に全身全霊で奉仕します=生活基盤として存在する

「地域生活のインフラ整備」に全身全霊で奉仕します=生活基盤として存在する
クールラインとして「快適環境の提供を通じて世に貢献する」を旗印に着実に努力を重ねてまいりました。加えて、今後のクールラインは快適環境の提供に留まらず「世の中に貢献する究極の企業」を目指して、地域・社会に絶対的に必要な企業として存在します。「クールラインは新たな価値を生み出す事のできるリーディングカンパニーを目指す」ということです。

「社員の幸せ」を追求する

「社員の幸せ」を追求する
健全な収益基盤を構築するには全社員が理念・ビジョン・戦略・計画を共有しベクトルを合わせる事が大前提であり幸福な未来予想・希望・やりがいをもって最大限に業務を遂行しなければなりません。そして会社は社員の勤労に報いる為に 発展し、会社の発展を通じて、全社員が皆幸せになり、社員の幸せをつうじて社会的に持続的に貢献する事ができると考えます。
社訓
寛愛 「仲間、会社を寛大な心で愛しなさい」
奉志 「社会、お客様に志を持ち奉志しなさい」
誇進 「己の業務に誇りを持ち進みなさい」
クールラインの企業理念を普遍的な経営の目的・基本としてクールラインポリシーの実践を通して理念の実現を目指します。  
3
1
2
3
0
5
TOPへ戻る